【落札】 欲しい商品をいろいろな条件で絞り込んで探す

ヤフオク!から商品を探すとき、キーワードだけではなく、さらにいろいろな条件をつけることができます。そうすると何がいいのかというと、よりピンポイントで商品を探せるので、見つかるまでの時間がかなり短縮されます。それに、商品の状態や発送先の地域など、自分の都合に合った商品を見つけることができるのもメリットのひとつです。

絞り込み検索のやり方

ヤフオク!のトップページの検索窓の横にある「+条件を指定」をクリックすると、その条件が表示されます。

2-2-1

キーワードにプラスして、次の11の条件を加えることができます。
カテゴリ、商品価格、即決価格、検索対象、出品者の地域、出品者、商品の状態、出品形態、オプション、目立ちアイコン、みんなのチャリティー。ここで使ってみたい条件を紹介してきましょう。

カテゴリ:同じキーワードで複数のカテゴリから商品が検索されないので、自分が欲しい商品に早く近づくことができます。

商品価格:今の時点での価格が条件にあっていれば検索されます。

出品者の地域:送料の関係です。宅急便やゆうパック、はこブーンなどは地域によって送料が違ってくるので、より安くしたいと思ったら、同じ地域から出品している人を選べばいいのです。

出品者:「ストア」か「一般」を選択するのは、消費税が関係しています。ストアから落札すると消費税は落札者が負担することが多いからです。一方、商品に関しては、ストアから落札した方が、信頼度が高くなるということもあります。

商品の状態:オークションに出品されているものは、新品・中古の両方です。その中から新品だけを探したい場合には「新品」にチェックを入れましょう。中古品を探すときは「中古品」にチェックを入れればOKです。

出品形態:すぐに商品を落札したいときには即決ありにチェックを入れます。また、ほかのユーザーと競うのが苦手な人も「即決あり」を選択するといいでしょう。

またオークションにはそれぞれIDがあって、IDで検索することもできます。オークションID検索では終了したオークションも検索できるので、落札されて終わったのか、それとも落札されずに終わったのかがわかります。もし落札されていなければ、再出品のときに落札することができます。
オークションIDはオークションページに書かれています。

2-2-3

同じように、ユーザーにもYahoo!JAPAN IDがあるので、ユーザーを探したいときにはユーザーのIDで探します。特定のユーザーの評価の確認、出品物を知ることができます。

2-2-2
2-2-4
2-2-5

ブックマークに登録する

会員登録でブックマークに追加!

ブックマークのご利用には
会員登録が必要です。