売りやすい値段の付け方

はじめに

オークションの値付けはライバルが出品している価格が参考になります、ヤフオク!で出品予定の商品を検索してみてください。
値付けの質問をよく受ける代表的な商品ごとに、値付けの指針をまとめてみました。
これを参考にして、出品に挑戦してみてください。

ライバル商品の価格よりもちょっと低めに設定する

オークションには自分が出品しようとしている商品を、すでに出品しているユーザーがいるかもしれません。そんなライバルたちに勝つためには、まずは価格の調査です。
たとえば、「ルクルーゼのココット」を出品しようと思ったら、今どのくらいの価格まで上がっているかを確認します。

あ

そのうえで、その価格よりも少し低めでスタートすれば、入札してもらいやすくなります。ただ、入札件数が1件しかない場合には、ちょっと注意が必要です。もしかしたら需要がないのかもしれません。そうなったら、いくら価格が安めでも入札がないまま終わる可能性もあります。

この価格で売ります!「即決価格」の設定

出品をするときには、必ず開始価格を設定します。このときの価格が、入札者が増えるかどうか、落札されるかどうかに大きな影響を与えます。商品の注目度を上げるために1円から始める「1円スタート」もありますが、これが使えるのは一定の価格まで上がっていくと確信が持てる商品です。人気がない商品を1円でスタートさせたら、本当に1円で落札されるかもしれないからです。
もし自分が売りたい価格があるならば、最初からその価格を提示する方法があります。「即決価格の設定」です。

い


商品サイトを見ると、中には「今すぐ落札する」と表示されているものがあります。その上に「即決価格」とありますね。画像では「89,000円」が即決価格になっているので、89,000円で入札した人は、その瞬間に落札ができるというわけです。出品者としても、価格に納得したユーザーがいれば、オークション終了前に落札されるというメリットがあります。
また、とても人気商品で需要が高い場合には、即決価格を設定しておくとすぐに落札されるようになります。即決価格の設定は無料です。

送料無料にして、スタート価格をちょっと高くしておく

ネットオークションユーザーにとって送料はとても気になる点です。商品代金にプラスされることもあって、なかなかシビアに考えているのではないでしょうか。そこでその心理を逆手にとって「送料無料」とすると、ユーザーに注目され、入札件数の増加につながってきます。

送料無料にするとき、落札金額よりも送料の方が高くなってはいけないので、スタート価格は少し高めに設定しておきます。あるいは定形外郵便のみ送料無料にするというように、送料が読めるときにだけに使うのもいいでしょう。

もしあなたが同じジャンルとか同じブランドの商品を一度に出品しているときには、2点落札で送料半額、3点落札で送料無料というように、他の商品の落札を条件に送料の割引きをしてもいいかもしれません。

そして、もう1点。チケットなど期限がせまっている商品に関しては送料無料にして、さらに即決価格を設定するとすぐに落札されるようになります。

送料無料は検索されるキーワードのひとつ。上手に使っていきたいですね。


出品する

ブックマークに登録する

会員登録でブックマークに追加!

ブックマークのご利用には
会員登録が必要です。