ヤフオク!の利用停止にならないために

悪質なユーザーは利用停止になる

ヤフオク!では、ガイドラインに従わないユーザーに対しては、「利用停止」という処分をすることになっています。実際、「利用停止中」と表示されているユーザーを見かけることもありますよね。利用停止になると、ヤフオク!が一時的に利用できなくなります。さらに悪質な場合には、Yahoo!JAPANからIDを削除されることも。

利用停止になるのは、取引の態度だけではありません。Yahoo!プレミアム会員費やシステム手数料などの料金が払えない場合も同じです。ただし、この場合には後日払い込み通知が届くので、コンビニなどで支払えば利用停止は解除されます。

出品に関わる禁止事項をしっかり確かめよう

利用停止になる場合の多くは、ガイドライン違反が原因です。そもそも、ヤフオク!において、何をしてはいけないのかがよくわかってない可能性も否定できません。なので、出品するときに「あれ?」と思ったら、必ず「出品禁止物」を確認した方が無難です。

8-6-1

それと同時に、禁止行為も見ておきましょう。知らず知らずのうちに、禁止行為をしている場合もありますよ。

8-6-2

加えて、法的な規制がある商品にも気をつけたいところです。

8-6-3

逆に、特別ルールもあるので、自分が出品する商品についても確認しておいた方がいいでしょう。

8-6-4

ただどんな場合でも、出品するときに商品に疑問が湧いたら、一度ヤフオク!に確かめてみるといいと思います。ここでOKがでれば出品をすればいいし、NGだったら利用停止のリスクを負わずに済んだと思えばいいのです。ちょっとした手間ですが、自分を守るためには必要かもしれませんね。

ブックマークに登録する

会員登録でブックマークに追加!

ブックマークのご利用には
会員登録が必要です。