「かんたん取引 – 取引ナビ(ベータ版)」の使い方 出品者編

かんたん取引とは

かんたん取引とは、商品落札者と取引を行う際の時間や手間を、大幅にカットできる取引方法です。
PCでのみ利用可能となっています。
通常の取引ではメッセージを送らなくてはなりませんが、かんたん取引では、簡単な入力とボタン操作だけで取引を進めることができます。
また大きな特徴として、商品の送料設定を出品時か落札時のどちらかから、好きな方で選択できる点が挙げられます。

 

かんたん取引を利用するにあたり

かんたん取引を利用する際は、商品出品時にかんたん取引を選択する必要があります。
実際に出品の手順をご説明します。

まずはヤフオク!トップページの右上にある「出品」ボタンを押します。



「出品」ボタンを押すと、かんたん取引を促す画面になります。「かんたん取引で出品する」ボタンを押しましょう。



かんたん取引を初めて利用する際は、出品者情報を登録する必要があります。



「出品者情報入力」ボタンを押し、手順に従って個人情報の登録をしましょう。

登録が完了したら、出品作業へ進みます。出品するにあたり、登録した個人情報が落札者に開示されます。



個人情報開示に同意すると、商品のカテゴリ選択、商品情報の入力画面に進みます。
こちらは通常の出品時とあまり変わりませんが、「配送方法」の項目で大きく違う点があります。



通常の出品時は「送料」の設定をする場所がないのですが、かんたん取引では「出品時に送料を入力する」と「落札後に送料を連絡する」の2つから設定することができます。
出品時に送料を入力する際のルールは、通常の出品時と同じです。
また落札後に連絡する際も、商品詳細欄に送料の目安を記載しておくと親切です。
どちらにしても、落札者とのトラブルが発生しないように注意しましょう。

手順通りに出品を完了させたら、あとは落札されるのを待つのみです。

 

商品が落札されたら

商品の落札通知が届いたら、いよいよ落札者との取引です。
通常の取引とは違い、連絡は落札者の方から先に行います。
まずは落札者からの連絡を待ちましょう。

落札者から連絡が来ると、通知があります。
通常と同じように商品ページへ行き、「取引連絡」ボタンを押しましょう。
以下のような画面「取引ナビ(ベータ版)」が表示されます。



落札者の支払い方法とお届け先情報を確認したら、落札者へ送料の連絡をします。「送料を連絡する」ボタンを押し、手順に従って送料を入力しましょう。
なお、あらかじめ送料を設定している場合は、この手順がスキップされます。



送料入力後の確認画面で「決定する」ボタンを押すと、情報が落札者に連絡されます。



落札者からの支払い完了連絡を待ちましょう。

落札者から連絡が来ると、通知があります。
「取引ナビ(ベータ版)」のページへ行くと、以下の様な画面になります。



入金の確認が済んだら、発送作業にとりかかります。
落札者の指定通りに発送が完了したら、「取引ナビ(ベータ版)」上に表示された「発送を連絡する」ボタンを押します。
手順に従い、発送情報を入力しましょう。



発送情報入力後の確認画面で「決定する」ボタンを押すと、落札者に情報が連絡されます。



落札者からの受け取り連絡を待ちましょう。

落札者から受け取り連絡が来ると、通知があります。
これにて取引は終了です。

 

ブックマークに登録する

会員登録でブックマークに追加!

ブックマークのご利用には
会員登録が必要です。