「かんたん取引 – 取引ナビ(ベータ版)」の使い方 落札者編

かんたん取引とは

かんたん取引とは、商品出品者と取引を行う際の時間や手間を、大幅にカットできる取引方法です。
通常の取引では落札後に出品者とメッセージやり取りが必要ですが、かんたん取引では、簡単な入力とボタン操作だけで取引を進めることができます。
かんたん取引は、出品者が指定した場合のみ利用可能となっています。

 

「かんたん取引 – 取引ナビ(ベータ版)」を使った場合の取引手順

通常取引とかんたん取引では、商品落札後の取引手順が違います。
通常は商品出品者から連絡を開始しますが、かんたん取引では「取引ナビ(ベータ版)」をつかって落札者から行います。
落札画面上の「取引をはじめる」ボタンを押すと、かんたん取引かどうかがわかります。
今回はPCで操作した場合の画面を用いて、取引手順を説明しますが、スマートフォンでも同様の操作が可能です。

落札画面上の「取引をはじめる」ボタンを押すと、かんたん取引の場合以下のように表示されます。



「閉じる」ボタンを押すと、「取引ナビ(ベータ版)」の画面になります。



「取引をはじめる」ボタンを押し、個人情報および発送・支払い情報を確認します。



「決定する」ボタンを押すと、情報が出品者に連絡されます。



送料連絡のない場合(出品時に送料が指定されている場合)は、そのまま支払にうつります。

商品の送料が落札後に出品者から指定される場合もありますので、この場合は、出品者からの送料連絡を待ちましょう。

支払にうつると以下のような画面になりますので、「〇〇で支払う」ボタンを押し、支払い手続きを進めましょう。



支払い手続きが完了したら、あとは出品者からの発送連絡を待ちましょう。





出品者から発送連絡があると、通知が来ます。



実際に商品が届いたら、「受け取り連絡をする」ボタンを押しましょう。



これにて受け取り連絡、および取引は完了となります。



ここまでの流れを見ていただくと分かる通り、かんたん取引ではこれまで必須だった取引メッセージでのやり取りがなくなり、非常にスムーズに取引が行えるようになっています。

自分が出品者側でかんたん取引を利用する場合については、「かんたん取引 – 取引ナビ(ベータ版)」の使い方 出品者編をご覧ください。

 

ブックマークに登録する

会員登録でブックマークに追加!

ブックマークのご利用には
会員登録が必要です。