【落札】 出品者を評価する

落札した商品が届いたら、商品を確認して出品者を評価します。評価は「非常に良い」「良い」「どちらでもない」「悪い」「非常に悪い」の5段階ですが、トラブルもなくスムーズに取引ができたのであれば、「非常に良い」の評価でOKです。もしトラブルが起きて解決されない場合は「非常に悪い」の評価になります。とはいえ評価基準は人それぞれなので、自分の考えで評価するべきです。

一番避けたいのは、評価をしないことです。評価は自分と取引相手だけが見るものではなく、以後取引をするすべての人が見る大事な指標です。直接会うことがないネットオークションだからこそ評価が頼りになってきて、みんながそれを見て判断するわけです。なので「自分だけなら問題ない」なんて思わずに、大事な一票だと思って評価をしてほしいと思います。 ただ、中には「評価をしないでください」と取引ナビで連絡をしてくるユーザーもいます。何かの事情があるのでしょうから、この場合には評価はしません。万が一してしまうと、相手は怒って「悪い」評価をつけてくるかもしれませんから、あくまで相手の希望にそうような形にしましょう。

出品者の評価の仕方

では、どのようにして評価をするのでしょうか。
商品ページの「出品者を評価する」をクリック。
2-11-1

評価を選び、コメントを書きます。

2-11-2

内容を確認して問題なければ送信を押します。

2-11-3

これで相手への評価が完了しました。
どちらが先に評価するのかは特に決まりはありませんが、落札者からの方が多い印象があります。出品者としては、商品が無事に届き落札者が納得して評価をしたうえで、こちらも評価をするという考えなのかもしれません。

ちなみに、「どちらでもない」の評価の場合には、プラスマイナスゼロということで、評価の値は変わりません。

評価の中に書いてはいけないこと
・住所や氏名、メールアドレスなどの個人情報
・社会通念上適切とみなされないコメント
評価について禁止されていること
・自分に対して自ら肯定的な評価をすること。あるいは、第三者に依頼して同じような行為をすること
・自分以外のYahoo! JAPAN IDを使って、他人に対する否定的な評価をすること
・オークションとは無関係な事情に基づき否定的な評価をすること。

これらのことを行うと、Yahoo!JAPANが違反とみなしてIDを削除することもあるので、絶対にしてはいけません。

ブックマークに登録する

会員登録でブックマークに追加!

ブックマークのご利用には
会員登録が必要です。